Googleドライブをアメブロにアップロードできない形式のファイル置き場として利用する (4) - アメブロカスタマイズと読者を増やすブログ運営 初心者からプロまで

Googleドライブをアメブロにアップロードできない形式のファイル置き場として利用する (4)

Googleドライブをアメブロにアップロードできない形式のファイル置き場として利用する (4)

1 | 2 | 3 | 4 | 5

Googleドライブに作成したフォルダを「公開」フォルダに設定する

Googleドライブに作成したフォルダを、外部サイトなどから直接利用できるようにするためには、そのフォルダを「公開」設定する必要があります。

このページでは、作成したフォルダを「公開」フォルダにする手順をご紹介します。

フォルダの詳細を表示する

image/entry/knowhow-googledrive/07.png

フォルダを作成できたら、次にそのフォルダのフォルダ名(今回は「public」)をクリックしてください。

すると、上の画像のように「public」フォルダの中に入り、そのフォルダに格納されているファイルが表示されます(まだ何もありませんが)。

フォルダの中に入ったら、右側のグレーの部分の上の方にある「詳細」というリンクをクリックして下さい。

もし、右側のグレーの部分が表示されていない場合は、白い範囲の右上の方にいくつか表示されているボタンのうち、アルファベットの「i」を丸で囲んだような(上の画像で赤丸で囲んだ)ボタンをクリックすれば表示されます。

フォルダの共有設定に入る

image/entry/knowhow-googledrive/08.png

詳細が表示されたら、「共有」と書いてある部分の右の方にある「鉛筆マーク」をクリックして下さい。

フォルダの公開設定オプションに入る

image/entry/knowhow-googledrive/09.png

すると、フォルダの共有設定を編集する画面が表示されます。

ここで、「アクセスできるユーザー」一覧内の「非公開 - 自分だけがアクセスできます」の右側にある「変更」というリンクをクリックして下さい。

フォルダを「公開」フォルダに設定する

image/entry/knowhow-googledrive/10.png

すると、このフォルダの「公開設定オプション」の変更画面が表示されます。

この設定が、フォルダを「公開」フォルダにするための設定箇所です。

ここでは、「ウェブ上で一般公開」を選択して「保存」をクリックして下さい。

公開設定の確認 をする

image/entry/knowhow-googledrive/11.png

保存すると、共有設定の編集画面に戻ります。

この時、「アクセスできるユーザー」一覧内に「ウェブ上で公開 - インターネット上の誰でも検索、閲覧できます」があることを確認して下さい。

確認できたら「完了」をクリックします。

これで、フォルダの公開設定は完了で、このフォルダは、誰でもどこからでもアクセスできる「公開」フォルダになりました。

つまり、アメブロにアップロードできない形式のファイル置き場として利用することができるようになったわけです。

ホスティングURLを確認する

image/entry/knowhow-googledrive/12.png

フォルダを「公開」に設定すると、上の画像のように、フォルダの詳細表示部分に「ホスティング」という欄が表示されます。

また、そこに、URLが一つ表示されます。

このURLが、「公開」フォルダにアクセスするためのURLになります。

一度クリックして、公開されているフォルダの中を表示してみて下さい(まだ何も入ってないと思いますが)。

それでは、次はこのフォルダにファイルをアップロードして、実際にアメブロでどのように使うのかを説明します。

1 | 2 | 3 | 4 | 5

Googleドライブをアメブロにアップロードできない形式のファイル置き場として利用する

最新の更新 RSS