アメブロの表示フォントを「メイリオ」にするカスタマイズ方法

  • アメブロの表示文字(フォント)がガタガタで汚い・読みにくいと感じる。
  • 普段使っているWindowsの綺麗な「メイリオ」フォントでアメブロの文字を表示したい。

アメブロの表示フォントについて

アメブロの新CSS編集用デザインの文字表示には、初期状態で、Windowsでは「MS Pゴシック」、Macでは「ヒラギノ角ゴ Pro W3」(インストールされていればWindowsでも)というフォントが使われるようになっています。

Macの方のフォントは美しく読みやすいと定評のあるフォントですが、Windowsの「MS Pゴシック」方は少し問題がありますよね。

この「MS Pゴシック」というフォントは、20世紀にWindowsで主流となった今となってはとても古いフォントで、輪郭もガタガタですし、残念ながら、けっして「美しい」とも「読みやすい」とも言えないフォントだと思います。

そこで当記事では、Windowsでのアメブロの初期表示フォントを、Windows Vista以降(Vista、7、8、8.1、10~)で搭載された、「メイリオ」という「MS Pゴシック」よりも美しく読みやすいフォントに変更するカスタマイズ方法をご紹介します。

アメブロの表示フォントをメイリオに変更する

アメブロの表示フォントを「メイリオ」にするには、以下のような手順で行います。

CSSに設定を追加

当記事のカスタマイズは、ブログデザインCSSの編集で行います。

CSSを編集してアメブロのデザインをカスタマイズする方法はこちらを参照】

CSSの最後に以下のコードを追加して保存すれば完了です。

ただしこの場合、Macでも、もし「メイリオ」フォントがインストールされていれば、Windowsと同様に「メイリオ」で表示されます。

Macで見た時は「ヒラギノ・・・」のままにしたいという場合は、代わりに、以下のコードを使ってみて下さい。

なお、この場合は、「ヒラギノ角ゴシック体」フォントがインストールされているWindowsで、「メイリオ」ではなく「ヒラギノ」で表示されると思います(ヒラギノをインストールしたWindowsを持っていないので未確認ですが)

表示確認

CSSの編集が完了したら、表示確認をしておきましょう。

上でも書いたように、初期状態ではWindowsで「MS Pゴシック」という、かなり古いフォントで表示されます。

↓カスタマイズ前はこのようなフォントです。

これを、「メイリオ」で表示されるようにカスタマイズするとこのようになります。

実際にやってみるとずいぶんと印象が変わることが多いのですが、表示例がシンプル過ぎて伝わりにくいですね。

申し訳ございません。

なお、フォントを変えると、1文字の幅や1行の高さが変わったりもしますので、既にデザインのカスタマイズをある程度進めてある場合は表示が崩れたりすることもありますので、注意深く行うことをお勧めします。

まとめ

以上、アメブロをWdindowsでの表示したときの標準の表示フォント「MS Pゴシック」を、より美しくて読みやすい「メイリオ」に変更するカスタマイズ手順をご紹介しました。

これだけで、ページの印象がガラッと変わる場合もありますので、よろしければ、試してみてくださいね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ご覧いただきありがとうございます。どうぞお気軽にコメント下さい。ただし、コメントでのご質問の方は、記事内容に関することだけに限定させていただきます。ご了承下さい。